家を借りられるか不安!専業チャットレディの賃貸住まい

家を借りられるか不安!専業チャットレディの賃貸住まい

 

こんにちは葉月です。

 


 

チャットレディは業務委託です。

 

チャットレディ専門でやっていると、賃貸を借りる時にあれやこれや聞かれやしないか、もしかしたら借りることを断られるかもしれないと不安になる方も多いはず。

 

先輩チャットレディが、どうやって部屋を借りたのかをまとめてみました。

 

 

 

 

職業はどうやってごまかす?

 

「チャットレディと思われたくない」「チャットレディについて根掘り葉掘り聞かれたらどうしよう」と不安なあなた。チャットレディは、基本自営業です。

 

サイトから、業務委託という形でお仕事を受けているため、サイトとの関係性は取引先ということになります。

 

ですから、「自営業」ということにしてしまえば、「具体的には?」と聞かれたときに、「パソコンを使っていろいろ作ったりするお仕事です」とごまかすことが出来ます。

 

 

とある漫画家さんが家を借りる時に、ペンネームをきかれたことがあるそうですが、チャットレディとはじめから言わなければ、チャットレディの名前を聞かれることもありませんね。

 

また、就業先ですが、自宅でよいかと思います。あくまでもサイトは、取引先です。そういう意味では、サイト名を会社名のところに書く必要はありません。

 

 

 

 

収入を証明できるものは何がある?

 

一番手っ取り早いのは、お給料が振り込まれる通帳のコピーです。

 

これは、「家賃を払う能力がありますよ」ということの証明になります。また、確定申告をきちんとしている人は、確定申告書を提出することで、収入を証明できます。

 

 

確定申告書が嫌な場合は、課税証明書だけでも可能です。源泉徴収票は、サイトに伝えればもらうことができます。

 

 

 

 

部屋の改造はどこまでOK?声やインテリア

 

賃貸のお部屋は敷金を減らされないように、
なるべく汚さない、
傷つけないかたちでお部屋を使っていきたいですよね。

 

 

ですから、壁に画びょうを打つことや、何かを張り付けたりすることは難しいです。また、チャット中の声ですが、あまり壁が薄い賃貸ですと、隣の部屋に聞こえてしまう恐れがあります。

 

声については、簡易テントを入れて防音シートでテントを覆うと音漏れがしない方法があります。防音室は結構高いですが、防音シートは5,000円ととても安く買うことが出来ます。

 

 

あとは、マイクを使うと、大きな声を出さなくてもしっかりと相手に声を伝えることが出来ます。

 

インテリアについては、なるべく置物などで工夫するようにしたいです。しかし、私が4か月ほどしか住まなかった賃貸を出る時には、「クリーニング代」といって、敷金はほとんど戻ってきませんでした(涙)そうなると、画びょうを使ってもよかったかもしれないと思ったりもします。

 

 

 

 

定期的に引っ越した方が良い

 

お隣さんに誰がいるかわからない今の時代。

 

今まで私はいろんな部屋に住みましたが住んでいるうちに、
お隣さんがどういう仕事をしているか
何人で暮らしているか、
何時ごろ外出したり帰宅したりしているか等の情報は、なんとなくばれてしまうものです。

 

 

アパートやマンションに、賃貸だけでなく購入の物件も混ざっているようならなおさらです。マンションの組合や、ご近所のイベントごと、管理人さんなど、どうしても近隣住民との関係性を立つことは難しいです。

 

知られる前に、噂になる前に、引っ越すのが良いかと思います。

 

 

余談ですが、自宅でチャットレディをしていると、時々変装しなくてもよいのではないかという風に思えてくる時があります。私の場合、お客さんから「すっぴんも見てみたいな〜」と言われ、「すっぴん見られたら嫌われちゃう」と全否定することがあります。

 

あまりにも「大丈夫」と何度も言われると、大丈夫かもしれない?という気持ちになってきてしまいます。

 

油断したところから、身分がばれてしまい、ストーカー被害に遭うことは少なくありません。毎日顔を合わせていると、なんとなく親しくなったような気になってくるものですが、決して気を緩めてはいけません。

 

 

 

 

まとめ

 

賃貸でチャットレディを行う場合、やはり共通して言えるのは、「身分がばれたくなければ、周りに絶対正体を明かさないこと」です。

 

どこから、情報が洩れて、どういう経緯で被害に遭うかもわかりません。

 

 

自宅でチャットレディを行う場合、自分を守れるのは自分だけです。かといって、すべてを嘘で塗り固めるの無理があります。ある本に、「相手をだますのであれば、半分だけ本当のことを混ぜるといい」と書かれていました。

 

近からずも、遠からずの答えをしておくことで、「ウソを言った」ことにはなりません。様々な言い訳が嘘ではないように、うまく言うことで、いざ突っ込まれたときでも安心して答えることができます。

 

 

 

 

在宅チャットレディを始めた日の話
ブログ管理人葉月のチャットレディ初仕事物語!
悪徳業者との出会いと決意のお話!
↓↓
コミュ障でも大丈夫!わたしのチャットレディ初体験物語